一般歯科

患者さんの口腔内全体の状況を検査・診断して、最適な治療方法をご提案します。

一般歯科では、矯正治療や入れ歯治療のような専門的な治療以外の一般的なことを行います。主にむし歯の治療や、欠けた歯の修復治療などがあります。患者さんの口腔内全体の状況を検査・診断して、最適な治療方法をご提案します。患者さんのご要望がある際は、よくお伺いして希望に沿った治療を進めていきます。

むし歯菌は糖分を餌にして増える

通常、口の中には様々な種類の細菌が無数に住んでいます。この中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。この中で、むし歯の病原菌としては、ミュータンス菌があります。このミュータンス菌は、私たちが摂取する糖分を栄養にして増え、歯垢を形成します。

そしてミュータンス菌は歯垢の中で乳酸をつくりだし、接触している歯の表面のエナメル質を溶かします。この現象を「脱灰」といいます。この状態がずっと続くと、ついには穴があいてしまい、これを「むし歯」と言います。

むし歯は歯垢のつきやすい所にできます

むし歯は歯垢が除去されにくい所にできやすいです。奥歯の溝、歯の根元、歯間、詰め物と歯の隙間、歯肉が下がって象牙質が露出したところはしっかり磨く必要があります。象牙質はエネメル質ほど硬くないため、進行も早くなります。

自分では気づかなくてもむし歯が進行していることもありますので、定期検診にお越しください。画像診断で虫歯を特定し、う蝕部分を削り、修復物を被せます。

安心して受診できる痛くない、なるべく削らない治療

むし歯治療と言えば、むし歯部分を削る音を想像するかもしれません。子どものころに痛みを我慢しながら歯を削られた記憶がある人も多いでしょう。当院では、基本的にむし歯治療は局所麻酔下で行います。また、麻酔注射の針も昔と比べて細くなり、痛みはかなり軽減されています。むし歯治療は細菌に侵された軟化象牙質を削っていきます。これを綺麗に取り去ることが治療の成功を左右します。慎重さを欠くと健康な歯質まで削ってしまうこととなり、歯の寿命を縮めかねません。そこでなるべく削らない、歯を残す治療を行い、患者様の負担を軽減いたします。

ほとんどの人の口の中には、むし歯菌が含まれています。しかし、その量や活発かどうかは人によって異なります。すなわち、不適切な歯磨きと糖分の多い食生活がむし歯になりやすい環境を作り出します。歯が溶ける時間を短くすることがむし歯予防に大事です。また、だ液の量も関係してきます。だ液は口の中の細菌を洗い流したり、酸を洗い流したりするため、この量が少ないと虫歯リスクが高くなります。だ液は他にも、カルシウムやリンといった成分が含まれていて、歯の再石灰化を助けます。脱灰した歯を修復した役割を持っているのです。

むし歯の進行の仕方

step01

C1 ごく初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。見た目では天然歯との区別がつきにくいこともあります。適切にブラッシングを行い、フッ素塗布などを施せば治療することができます。

step02

C2 エナメル質のむし歯

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みます。虫歯部分を削り、インレー(詰め物)を詰めます。

step03

C3 神経まで達したむし歯

神経までむし歯が進行した状態。熱いものまでしみるようになり、平常時でも激しく痛みます。感染した神経を除去し、内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を何度か行い、クラウン(被せ物)を被せます。

step03

C4 歯根まで達したむし歯

歯根までむし歯に冒された状態。いったん痛みは引きます。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能を補います。

【受付時間】9:30〜12:30 / 14:00〜19:00【休診日】日・祝日
※金曜日・土曜日は17:00までの診療