審美歯科

メタルフリー治療で見た目だけでなく、安心で美しい口元を手に入れましょう。

審美歯科では補綴による審美修復治療を行います。補綴とは身体の欠損した部分を人工物で補うことで、歯科では詰め物や被せ物といった修復物のことです。

銀歯から白い歯へ

銀歯は保険適応の虫歯治療で適応される補綴物で、ほとんどが金銀パラジウム合金と言います。ヨーロッパにはパラジウムの歯科医療での使用が禁止されている国もあります。それはパラジウムのアレルギー反応を引き起こしやすい性質が、健康に有害であると判断されたためです。当然金属アレルギーを持っている人は銀歯は適応できません。

健康を害するリスクが少しでもある銀歯を除去して白い被せ物に変えれば、口の中で目立つ銀色の歯もなくなり、自然な見た目になります。

硬すぎる銀歯で歯が傷つく

金銀パラジウム合金は自然歯と比べて硬すぎるので、咬み合わせの歯を傷つけたり、土台の歯の根が割れてしまったりすることがあります。セラミックなら硬さを素材によって選ぶことが出来るため、ハイブリッドな素材を用いれば、銀歯のように歯を傷つける心配がありません。


二次カリエスにご注意を

かぶせ物と歯の隙間からむし歯菌が入り込み、内部でむし歯が広がってしまうことを二次カリエスと言います。これは、内部にう蝕部分を取り残したのでない限り、適切なブラッシングを含むむし歯予防で防ぐことが出来ます。

銀歯でも二次カリエスは発生しますが、セラミックに替えてもブラッシングを怠れば発生の可能性はあります。むし歯の治療は何度でもできるものではないため、毎日のケアと定期検診でむし歯の再発を防ぎましょう。

メタルフリーでどんなに笑っても気にならない口元へ

レジン

プラスチックの一種で、保険診療範囲内でのむし歯治療でも使われます。保険診療であるため、治療費が安いという特徴があります。歯に適応し、光を当てることで硬化させます。すり減りやすいので寿命は数年と言われています。

ジルコニアクラウン

セラミックの中で最も硬い材料、ジルコニアでできていて奥歯にも適応が出来ます。硬すぎるため、噛み合せの歯を傷つけることもあります。変色や劣化を起こさないので、色味の変化のような心配はありません。金属アレルギーの方も適応できます。

オールセラミッククラウン

ジルコニアを高温焼結して作った修復物です。レジン以上の自然な白さと金属に負けない強度、そして高い審美性を併せ持っているのが特徴です。ただし、陶器であるため、硬いものを噛むと欠けてしまう場合があります。

ラミネートベニア

前歯を薄く削り、セラミックの薄片を貼り付けます。硬さが天然歯に近く、対合歯への負担はあまりありません。歯と歯の隙間や形の修復にも適しています。特殊な接着剤で貼り付けるので、剥がれる心配はありません。

治療費について

被せもの
種類 対象 費用
ハイブリッド ・不良補綴物のある方
・金属アレルギーがある方
・噛み合わせが悪い方
・審美的に優れた入れ歯をお求めの方
・虫歯のある方
一律79,800円
オールセラミック
ジルコニア
メタルボンド

【受付時間】9:30〜12:30 / 14:00〜19:00【休診日】日・祝日
※金曜日・土曜日は17:00までの診療